akk architects

Nature,technology,tradition and future

回転体ダイアグラム

O_Stool (2005)

線を回転させてできる面の椅子

Oはある軸に対して傾けられた楕円を360度回転させることにより生成されるドーナツ状のサーフェイスをベースとした椅子である。回転軸に対して均等に配置される楕円状の帯は椅子をわずかに前傾させるためにその大きさを等比的に変化させると同時に、各楕円内でその帯幅も位置に応じて変化させている。
回転軸に対して、時計回り/反時計回りに均等に配される44のプライウッドによる楕円の帯は互いに編み込まれ、弾性のあるメッシュのかごのような椅子を構成する。
  • 国際家具デザインコンペティション旭川2005 入選
  • Client: 国際家具デザインフェア委員会
  • Program: 家具
  • Area: ****
  • Site: 北海道・旭川Client: Private Commission

computer model

final product